Translation Information

Project website https://docs.ubports.com
Translation process
  • Translations can be made directly.
  • Translation suggestions can be made.
  • Any authenticated user can contribute.
  • The translation uses bilingual files.
Translation license Creative Commons Attribution Share Alike 4.0 International
Repository https://github.com/ubports/docs.ubports.com.git
Repository branch master
Last remote commit Remove mention of Scope in libertine instruction (#339) f3b7d63
Fla authored 2 days ago
Repository containing Weblate translations https://translate.ubports.com/git/ubports-docs/documentation-userguide/
Filemasklocales/*/LC_MESSAGES/porting.po
Translation file locales/ja/LC_MESSAGES/porting.po
イメージの構築
9 months ago
これを2回行う必要があるかもしれません。おそらくを2度、スクリプトを実行すれば修正されます。まず、「-w」なしでにスクリプトを実行して、エラーがないかどうかを確認します。 ある場合は、手動で修正します。 終了したら、「-w」フラグなしでスクリプトをもう一度実行して、エラーがないことを確認します。
9 months ago
Ubuntu Touchでは、Apparmorを有効にするなど、Haliumとは少し異なるカーネルの設定が必要です。幸いなことに、この目的のための素晴らしいスクリプト 「 check-kernel-config」があります。 これは、halium-bootリポジトリに含まれています。 次のように実行するだけです。
9 months ago
カーネルの設定の編集
9 months ago
保存して終了してください。
9 months ago
例:「ro,nosuid,nodev,context=u:object_r:firmware_file:s0,barrier=0」を「ro,nosuid,nodev,barrier=0」このように変更します。
9 months ago
「fstab」ファイルを開いた状態で、ファイル内のすべてのブロックデバイスからすべての 「context = 」を削除します。 これは、「 context = 」で始まり、その後の「,」で終わります。
9 months ago
もし、「data」または 「userdata」のパーティションのタイプが 「f2fs」の場合、それを 「 ext4」に変更する必要があります。
9 months ago
最初のステップは、fstabが実際にどこにあるかを把握することです。 ほとんどの場合、これは「BUILDDIR / device / MANUFACTUER / CODENAME / rootdir / etc」内にあり、「fstab.qcom」または「fstab.devicename」のいずれかの名前が付けられています。 ファイルを編集するために開きます。
9 months ago
Halium-bootの 「mount」はSELinux contextsを認識しません。 デバイスの 「 fstab」ファイルに「contexts」が含まれている場合、パーティションはマウントに失敗し、ポートは正しく機能しません。
9 months ago
Browse all translation changes

Customize download

Statistics

Percent Strings Words Chars
Total 155 2,297 14,399
Translated 0% 0 0 0
Needs editing 0% 0 0 0
Failing check 0% 0 0 0

Last activity

Last change None
Last author None

Activity in last 30 days

Activity in last year